来ちゃいなよ。ゆざまち

鳥海山大物忌神社の祭

2021-05-14

/ by kaori

 

鳥海山大物忌神社の祭に行ってきました。(コロナ禍のため神事、御神輿のみが行われました。

 

鳥海山は秋田県と山形県の県境にあり、秀麗な山容から出羽富士とも呼ばれ親しまれています。古代より出羽国の中心的な信仰の対象として崇拝され、近世では農業の神として崇められてきました。

鳥海山大物忌神社※出羽國一之宮で、山頂の「御本社」、山麓の「蕨岡口ノ宮」「吹浦口ノ宮3社からなっています。※出羽国(現在の山形県と秋田県にほぼ相当)※一之宮(ある地域の中で最も社格の高いとされた神社)

 

毎年5月に、蕨岡吹浦の口ノ宮の例大祭があるとのことで行ってきました。(コロナ禍のため行える行事のみとなっています。

 

蕨岡口ノ宮例大祭  5/3(今年は神事のみ)

別名「大御幣祭」といい、鳥海山蕨岡修験修業の最終段階として行われた行事です。通常時であれば、五穀豊穣と鳥海山の安寧を願い、「大御幣行列」や「蕨岡延年の舞」(山形県無形民俗文化財)などが奉納されます。

過去記事でご覧頂けます。→5月3日は上寺祭り!(地元の人は上寺祭りと呼んでいます。)

 

吹浦口ノ宮例大祭  5/4宵祭(今年は神事、御神輿地区御渡巡幸のみ)、5/5本祭(今年は神事、御神輿御渡行列のみ)

通称「吹浦祭」といい、通常時であれば、「諾冊二尊の舞」や、五穀豊穣と無病息災を祈願し、「吹浦田楽の花笠舞」(山形県無形民俗文化財)などが奉納されます。

 

 

まずは、蕨岡(毎年5/3開催)をご紹介します。(コロナ禍のため神事のみ。) 例大祭神事に行ってきました。蕨岡口ノ宮は町の東南部にあり、丘陵の上に開けた上蕨岡の集落にあります。山側ですね。

鳥海山大物忌神社 蕨岡口ノ宮のニノ鳥居前です。のぼり旗や五色の旗がいつもと違ってお祭り感がでますね!

「隋神門」(国登録有形文化財)の所にも一宮の提灯が飾られていて、いつもはないのでおぉ~!、カッコよさがUPしています。

蕨岡口ノ宮の案内の看板です。(鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮は、国指定史跡「鳥海山」の一部です。)

「神楽殿」(国登録有形文化財)があります。ここで蕨岡延年の舞が奉納されます。(修験道の修行の一環で行われた舞いで室町時代から伝わるという。今回は残念ながら延年の舞は行われません。)

三ノ鳥居をくぐると「本殿」(国登録有形文化財)があります。この本殿の大きさが伝わるでしょうか。手前の木がイチョウです。

大変立派なんです。幅が16.9m、奥行きが13.8m、床高が2.3mもあります。

本殿の中にも一宮の提灯が。稲が綺麗に飾られていました(新嘗祭の時のだそう)。

そろそろかなぁ~と待っていると、雅楽が流れてきました!笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)3つの楽器※の音色が合わさり曲が奏でられます。生演奏でなかなか聴いたことがないのでテンション上がります♪ 笙のぷわぁ~~~んという音、好きなんですよね。篳篥の主旋律の音色も素敵。どうやって演奏するのかな・・・。それぞれ竹でできているそう。

※笙は「天から差し込む光」、篳篥は「地上の人の声」、龍笛は「天と地の間を泳ぐ龍の鳴き声」をそれぞれ表し、「天」「地」「空」宇宙を表すという。・・・コスモですね

そして無事に例大祭神事が執り行われました。

 

 

 

続いて、吹浦(毎年5/4、5/5開催)をご紹介します。(コロナ禍のため神事、御神輿のみ。)

5/5の例大祭神事と御神輿御渡行列に行ってきました。吹浦口ノ宮は町の北西部にあり、海と山の間に開けた集落にあります。海側ですね。

神社周辺の家の軒先を見てみると、何か飾られています。

手造りのお花です!とてもかわいいですね。ノリでつけているだけなので雨が降ると取れてしまうそう。

街灯にも飾られていました。華やかでいいですね。お祭り感が出ています。

鳥海山大物忌神社 吹浦口ノ宮のニノ鳥居をくぐると大きな灯篭が。手前の小さい灯篭がかすんで見えます。階段を登っていきますよ~。

のぼり旗や、「下拝殿」の前には五色の旗がはためいていました。

吹浦口ノ宮の案内の看板です。(鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮は、国指定史跡「鳥海山」の一部です。)

階段を登りきって三ノ鳥居をくぐって、「拝殿」に到着しました。

ほぅ~また雅楽の調べが流れてきました!神事が始まろうとしています。

吹浦口ノ宮は「拝殿」の奥に登廊があり、そして一段高い所に回廊が続き、「摂社月山神社本殿」と「吹浦ノ口宮本殿」があります。(国登録有形文化財)

拝殿の左側に階段があり登っていくと、本殿を見ることができます。手前が「摂社月山神社本殿」。奥が屋根の頭しか見えませんが「吹浦ノ口宮本殿」です。

そして無事に例大祭神事が執り行われました。

拝殿の周りには八重桜とスミレが咲いていました。

ここからは「御神輿御渡行列」を紹介します。いよいよ始まろうとしています!(コロナ禍のため最低限の人数で行っています。)

先頭を行く「奴振り」が動き出しました。※奴振り 大名行列の供先を務めた「奴」の姿に扮した若者たちが、毛槍や挟み箱、棹などを手に町を練り歩く

奴振り初めて見ました!カッコイイですねぇ~。先払いをする役目があるそうです。

続いて獅子頭、太鼓、笛と共に、

「本みこし」の登場です。吹浦の町を練り歩きます。雨が降ってきましたが、無事行われました(あまり雨が降ることはないそうです)。通常時であれば「樽みこし」や「船みこし」もあり、大変賑やかだそうです。来年は迫力ある様子をお届けできますように。

鳥海山大物忌神社の「社紋」は、鳥海山の高山植物で固有種の「チョウカイフスマ」が元になっているそう。とてもかわいいです。よく見るとそれぞれ色など違っていてデザインが凝ってますねぇ!遊佐町の花にもなっています。鳥海山に登って本物を見ねば!以上、豆情報でした♪